« 冬までもつの? | トップページ | 時代祭 »

2006年8月28日 (月)

サイクリング、ヤッホーッ!

暑い夏真っ盛りの8月9日、久しぶりに自転車でいつもよりちょっと遠出しました。

Ichijomodoribashi1 ペットボトルに凍らせたお茶、スポーツドリンク、サングラス、UVカット腕カバー、完璧!あっデジカメ忘れた。堀川通りのコンビニでインスタントカメラ購入。久しぶりにカメラ屋さんに現像・プリントに出しました。スキャナーで取り込むのが面倒くさくて、ブログアップ今にいたるというわけです。

一条戻り橋通過。

  SeimeijinjaIchijomodoribashi

向かいには、陰陽師 安倍晴明で有名になった、『晴明神社』。ここは赤ちゃんの名づけ・姓名判断をしてくれます。私の名もここでみていただきました。一条戻り橋の橋の下には、晴明が隠したという式神が住んでいたというらしいが・・・。ユレル柳の下に何か、い・そ・うな気もしてきました。

この後、走ること約1時間、信号が青になっている方へあみだくじの軌道の様にジグザク走っているので、足をつけることなく走ります。

大文字送り火、五山のひとつ松ヶ崎の『妙・法』を左に見ながら走ります。この山は低いので、昔、実家から見えたときも屋根の上に上って見たこと思い出します。

自転車なら通れるっていうような抜け道をぐるぐる通ります。旧街道沿いの道に一度行ってみたい歴史のあるお店があります“麦飯とろろ汁”の『山ばな平八茶屋』

Yamabanaheihati

あともう少し、青々とした稲の匂いがKokusaikaikanしてきます。 比叡山が近くに見えてきました。ここからはぐるりと東へ。このコースをとらないと、近道の北山から狐坂を登るには、今の私の脚力と自転車ではムリだろなあと思って。昔は登ったんですけどね。見えてきました。ここが終点、『京都国際会館岩倉にあります。

、。、汗だく~ぅ っ、。、、。、

この日と前日は、“地域教育フォーラムイン京都”がここで開催されています。地下鉄で来たら、快適で早いのにね。

講演も楽しみでしたが、会いたかった人にも会えるので頑張って行きましたよ。そしたら、思わぬ方にも出会えました。まずは私のラッキーパーソン大石先生!京都の絵本界では、おおぜいの人が尊敬されています。今まで、先生のお顔を見るだけで、いろんな意味で私の世界が広がりステップアップするんですよ。何だかワクワクしてきました。

会いたかったのは、息子の幼稚園の恩師。この日は実践報告されることになっていたので、かつての同級生の母達は応援団を作ってきてました。私は別の分科会に聞きに行くことにしていたのですのが、そのときだけ抜け出してバッチリ応援してきましたよ。終わったあと、“でんでらりゅう”手遊びを伝授してもらいました。

後もうおひとり、思いがけず15年ぶりにお会いした方にも感激しました。やっぱり出かけてみるもんですね。

さて何しに行ったのか、分からなくなってきましたが、帰りはまた京都あちこちコースです。

Yakaragaikeph 宝ヶ池プリンスホテルが国際会館の真向かいにあります。要人方が宿泊されます。最近では小泉首相がね。

Keibunsya

ちょうどここら辺りも通るのでと、『恵文社一乗寺店』を探しました。あったあった。中へはちょこっと入ってみただけですが、ゆっくりし始めたら、キリがなくなりそうだったので我慢。おっと恵文社さんには西大路店?思い出したワ、JR西大路駅そばにあるある。普通の本屋さんだけど。

Gekesyobo

奇抜な店先にちょっと入りにくい感じもします。ここも本屋さんなんです、『ガケ書房』

今日、KBSテレビ(ローカル放送局ですね)“おもしろ京都検定”という番組で「これは何のお店でしょう?」という問題が出てました。

ここまで、来れば今出川通りが目の前でした。この夏息子とデートした銀閣寺アイスの店先を通り、東へ向かうと・・・

以前から気になっているところがあるんです。いつの頃からかなこの看板が目に止まったのは・・・

『私設図書館』

Sisetutosyokan まさに、私設図書館コーヒー紅茶は120円で頂けて、静かなところで本を読み勉強することができます。ぜひ行ってみたいなあ。

Misuyabari いきなり、新京極三条通りの『みすや針』。もうはよ帰らんとあかんという時間になってきたので、あちこと写真撮ってられへんとおもったんやけど、ここはまた絵本ブログでも紹介したくて、自転車を止めました。

Sanjowakasaya1 三条堀川です。ここまで来ると家ももう少し(?)“ちご餅”の看板が見えると、そんな感覚になります。ほんとはそんなに近くというわけでもないんですが。

ちご餅で有名な『三条若狭屋』さんは三条商店街のア^ケードの入り口の角です。カフェとしてお店の中に数席あって、堀川通りを走る車を眺めながら、祇園祭にちなむお菓子“ちご餅”も食べられます。

まだまだ、走れるやん。と妙な自信を持ってしまいました。私の愛車、20年近く乗っています。

|

« 冬までもつの? | トップページ | 時代祭 »

コメント

ワァ~、楽しそう!
私も一度京都をサイクリングするというのをやってみたいと考えているんです。
自転車は大好きなので、東京でも結構走ったんだけど、最近は健康のために歩けるところは歩くようにしているので、あまり乗っていません。
8月の京都でも自転車を借りてまわってみようかと思いついたんですが、あまりの暑さに断念しました。
何度も京都へは行っているのですが、残念ながら貸し自転車の経験がないのは、夫が乗れないというのが理由なんです。だから、一人で行った時には是非と思ってます。
でも、ガイドさんも2人以上でないと付いてはくれないらしいです。

平八茶屋、昨年の夏に行ってきました。美味しいと味わっていたら、どうも福島の方で大きな地震があったらしいとのニュースが入ってきて東京の家族が心配でアタフタしたのを思い出します。

ちご餅も、夫があの味噌味が好きでいつも買ってきます。

ところで、”みすや針”というのは針を扱っているお店ですか?

投稿: 右近左近 | 2006年9月 2日 (土) 16時56分

*右近左近さん へ*
京都の町をうろうろするのには、自転車の方が、いいと思います。これから気候もいいですし、何度も来ていらっしゃる右近左近さんにはぜひ、オススメですね。ガイドさんなしでもおそらく大丈夫でしょう、地図片手に行きたいところ探してっていうのも、いいですよー。

“みすや針”は300年以上続く針のお店で、昔からの京都のわらべうたにもお店の名が出てくるほどです。ここの針は江戸への京みやげやったそうです。
最近、キレイなビルにしはりました。三条通りに面しているのですが、細い路地(=ろうじ)の奥に雰囲気のいいお店があります。改装しはる前の店先は、ぬいぐるみがいっぱい置いてあって、まさか針のお店やとは誰も気がつかなかったかもしれません。

投稿: このはな | 2006年9月 4日 (月) 20時02分

このはなさん、ありがとうございます。
やっぱり針屋さんなんですね。私もへたくそながら、自分の着る物はTシャツ、セーター以外作って着ているので、今度是非行って針を買ってきたいと思います。

投稿: 右近左近 | 2006年9月 4日 (月) 21時26分

このはなさん、こんにちは。

このはなさんのこの記事を読んでいたら、8月の京都の空と暑さを思い出し、早くも懐かしくなりました。
2日目に車で「恵文社一乗寺店」に行った時、ここまで自転車で来たなんて凄い!という気持ちとともに、いつか私も自転車で京都の街を走ってみたい、と思いました。自転車だったら、思うように止まれるし、寄り道だって簡単ですよね。
「その時」も一緒に走って下さいね。

投稿: ruca | 2006年9月 7日 (木) 15時51分

*右近左近さん へ*
その後、お返事が…すみません。
「三条本家みすや針」さんは最近また、とても人気のお店としてガイドブックや雑誌でとりあげられているようです。
オリジナルの待ち針がすぐ売り切れになるくらいお土産にも人気だそうです。
着物の半襟つけるのに、“くけ針”が欲しいこの頃です。

投稿: このはな | 2006年10月24日 (火) 18時10分

*rucaさん へ*
あ~、もう今は秋風が気持ちよい季節となりました。
サイクリングで京都の町を回るのに、最高のです。
天気さえよければ、行きたいところ何件も回れますよ。
あてもなく、ぶらっとするのもいいし、本とサンドイッチを乗せて鴨川か御所にでも行って、好きなところで食べながら読みふけって…
最近それどころではないのですが、小一時間あれば、なんなと楽しめます。

投稿: このはな | 2006年10月24日 (火) 18時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング、ヤッホーッ!:

» 真・ブログ解体新書 [真・ブログ解体新書]
『真・ブログ解体新書』は後3日で値上げになります。さらに、返金保証もなくなります。 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 12時10分

» 幼児教育の本来の意味 [子どもの成長]
幼児教育とは、本来は入学前の教育のことを指します。学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある教育のことです。ですが、幼児を対象とするおけいこや才能開発のことをさすことが多くなっています。子どもの発達について研究が進んでいき、「能力は何もないところから教えていく」というものでなくて、本...... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 03時59分

« 冬までもつの? | トップページ | 時代祭 »