« 我が家のお雑煮 | トップページ | 商売繁盛、たのんまっせ! »

2006年1月 8日 (日)

伏見のお稲荷さん

元日には、氏神さんへ初詣に行きます。そして、商売繁盛のお参りはここですね。

京阪電車(おけいはん)に乗って…伏見稲荷の駅は朱色の柱やなど神社の雰囲気がInari_eki_1あります。

Husimi_inari1_1

『京都伏見稲荷大社』は全国でも初詣の人が多く訪れることで有名です。3日に行きましたが、多かったですね。 Husimi_inari3_1

本殿のしめ縄には稲穂がいっぱいついています。さすが、お稲荷さんです。

ところが、商売繁盛の祈願だけでなくこの辺りには、こんなお願い事ができる神社が近くにあります。それをご紹介。

まずは『東丸(あずままろ)神社』 Azuma_maro_jinja_1

伏見稲荷の境内に隣接しています。本殿の石段を降りて、拝殿のすぐ南にあるので、お稲荷さんの中にあるのだと勘違いしてしまいます。

由緒書きによると…

祭神は荷田東丸(春満-あずままろ-)大人、正月三日この地に誕生。歌道、書道に秀でて博学、書物も多数書いており、大人の学業を偲ぶ有志の人々によって荷田邸のあったこの地に社殿を創建し「学問守護」の神として広く崇敬されることとなりました。

とあります。ちょうどこの日は生誕祭でもあったのですが、この時期は『合格祈願』で訪れる人が多かったです。境内には合格祈願の絵馬がほんとにたくさんありました。

さて、お稲荷さんの本殿に戻り、向かって左を通りお札さんを買って、裏の方へ廻るとHusimi_inari2_1

お社に名刺がいっぱいはさんであるのを見ます。これは、なんかいわれやご利益があるんでしょうか。聞いたことはなくてしりませんが、おもしろいです。他にもこんな所あるんでしょうか?

そして、さらに奥に行きますと、『千本鳥居』で有名な稲荷山のほうへ行く石段がありますが、(“おもかる石”も千本鳥居を抜けたところにある奥の院にあります。)そっちへは行かずに境内を出てしまいます。すぐ右手に池があって、鴨やゴイサギがのんびりしてます。向かいに茶店もありますが…

Oinarisan_ike

正面を見ると、『産場稲荷』があります。Sanba_inari1_1

Sanba_inari3

ここでは、安産のお参りをします。拝殿は石垣の上に一段高くなってるんですが、足元あたりにこのような狐の穴といわれるものが12ヶ所あります。拝殿の正面より裏を廻ってグルリと1月~12月までと書いてあり、赤ちゃんが産まれる予定日の月の穴に向かって安産祈願します。この穴の中で子供を産んだ狐がたいそう安産だったらしく、そういったことから安産の神様として信仰されています。

それと、もうひとつの言い伝えですが、Sanba_inari2

お供えしてあるロウソクの燃えたあとのものを持ち帰り、産気付いたときに点すとお産が軽くてすむということが言われています。うちも主人が一生懸命できるだけ短いのを探して、頂いてきてくれました。

安産=子孫繁栄=家内安全=商売繁盛ということで、ここをご存知の方はお若いご夫婦でなくてもお参りにいらっしゃってます。

ではまた、お稲荷さんの境内にもどって参道を歩きます。(混んでいるこの時期は一方通行で表参道を戻れません)

Inari_suzume

やっぱりこれを食べないとあきません。この写真の右上“すずめの焼き鳥”です。(左の少し大きいのはウズラです。)お稲荷さんは元々五穀豊穣を祈る神さんなので、お米を食べに来るスズメは大敵ということですずめを焼いて食べるんです。ここら辺の何軒かのお店で売られています。稲福さん・花の家さん・日野家さん・表参道出たとこの祢ざめ家さん。どちらもおうどんやいなり寿司、丼物なども食べられます。しかしこの日はどこもいっぱいだったので、買って帰りました。実は私しか喜んで食べないのです。ちょっと残酷な気もしますね、まるごとの姿なので。骨がかたいので、歯が悪くなったら食べられそうにないですねぇ今のうちです。こうばしくてなかなかオツですよ。

|

« 我が家のお雑煮 | トップページ | 商売繁盛、たのんまっせ! »

コメント

このはなさん、またまたこんにちは。
お正月に、岐阜県のお千代保稲荷というところに行ったんですが、そこですずめ焼きが売っていて(そこは土手焼きと、串揚げが名物とのこと)、なんですずめなの?と思っていたのです。ここへ来て、この記事を読んでなぞが解けました。岐阜県といっても、三重県との県境あたりにあるらしく、義母と義妹は、商売をしているわけではないのですが、たまに行くとのこと。私も今回が2度目でした。

投稿: ruca | 2006年1月19日 (木) 16時50分

*rucaさん へ*
全国のお稲荷さんにもあるのかもしれないですね。ちょっと「かわいそう」という声も聞こえます。それにこのスズメたちも食用にわざわざ輸入しているらしいんです。そうなるとお米に天敵を喰ってる。っていうのじゃないような…。でもこれ食べないとお稲荷さんに来た気がしないんですよね。

投稿: このはな | 2006年1月21日 (土) 01時10分

有馬記念 2010 過去のデータから共通する勝ち馬の法則!!注目馬や穴馬などの最新情報を随時公開!

投稿: 有馬記念 2010 | 2010年12月16日 (木) 05時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見のお稲荷さん:

« 我が家のお雑煮 | トップページ | 商売繁盛、たのんまっせ! »