« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

お正月準備!

毎日、大忙しです。でも楽しい、おせち作り。たいしたものは作れませんが、出来るだけ手作りをと毎年頑張っていたら、子供たちもよく手伝ってくれるようになりました。その中でも娘が得意とするのが、『ごまめ』。炒るのに大変時間がかかるのですが、気が長ーい長所(?)を生かして、ほんとに上手にパリッと炒ってくれます。こうばしくておいしい!つまみぐいばかりして、味をつける前に随分減ってしまうので、困りますが。 Gomame_1

手でこんな風に折れるくらい Gomame_2

では、例の黒豆は・・・。Kuromame_ni_1

なんとか、煮えたようです。

昨夜から漬けておいて朝から煮始め、水を差しながら8時間はかかりました。「お豆さんは躍らせたらアカンねんで」とよく言われます。

Kuromame_ni2 この“おとし蓋”は秘密兵器。穴が数ヵ所開いていて、これがいいみたいです。毎年使うので、真っ黒になってます。

小さい頃。黒豆を炊く時期が近づくと、「サビ釘さがしてきて」と言われました。昔はあちこちに落ちてたんですよね。サビ釘っていうのは黒豆の色をよくするのに入れて一緒に炊くんですが、多分“酸化鉄”の意味だと思います。でも最近そんなもの落ちてませんし・・・。そこで、うちは鉄鍋で炊くことにしてます。さて、これはこのまま一昼夜漬けて味を滲ませます。

数の子は塩抜きして薄皮を取り、酒と醤油に漬けました。大鍋に出汁をとっておき、明日は朝から皮を剥いたり切ったり、煮たり、炊いたり、蒸したり、野菜くずを使ってかやくご飯とおそばの夕食はお決まりですが、その間水周りと玄関の掃除して、お墓参りに行って、おせち詰めて、最後は毎年、台所の掃除をする頃には除夜の鐘が鳴ってます。今年は紅白ゆっくりみられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

おまめさん

そろそろ、新年の準備の買い物をしていかないといけません。おせちの準備もあるし、黒豆は時間がかかるので、はよ買わな。

今年は七条商店街にあるお豆の老舗『北尾』さんで買いました。

Kitao_mame

Kuromame

100g788円はおっとフンパツしてしまいました。失敗できひんなぁ。

新豆なのでまだ少し、やわらかいです。煮るまでは冷蔵庫の野菜室に入れてくれと注意書きがありました。早くやわらかくなりそうだし気をつけないと。おいしいのができるかな。

『北尾』 本店 HPはこちら

京都市下京区西七条南中野町47
TEL 075-312-8811  FAX 075-312-8823

清水さんや錦にある「黒豆茶庵」では黒豆を使ったお料理やスウィーツが食べられるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

おあげさん

Oage_san おあげさんはお大根、お菜っ葉の炊いたん作る時は、ようつかいますから欠かせません。

いつもは近くのスーパーで買いますが、たまに天神さんの近くの『とようけ屋山本』さんに買いに行きます。

こーんなに長いのはあまり見かけません。最初食べた時は、母が鍋に入れてくれてたのです。おあげではあるのですが、噛み応えのある味がしっかりしたお肉のようなおあげさんにビックリしました。このおあげさんなら、肉いらずの鍋でもOKかも。

網の上でちょっと焼き目をつけて大根おろしを添えて食べるのもおいしいです。

Hirousu ひろうすも買ってきて、炊き合わせにしました。ぎんなんや百合根も入ってます。がんもどきというのといっしょかな。「ひろうす」=「飛竜頭」とも書いて「ひりょうず」と呼んだりするようです。赤いニンジンは金時人参(京人参)です。京野菜としても人気です。最近は学校給食にも“京野菜のみそ汁と”いう献立があり、献立表には「地産地消~知産知消~京都で作られている野菜について知ろう!」というコラムが載っています。 Kinntoki_ninjin 根菜の中でも珍しい緑黄色野菜の人参ですが、トマトと同じリコピンという色素が赤い色なのだそうです。金時人参の赤は他の人参の色より鮮やかな日本の色というようですので、普通の人参を西洋人参と呼んだりします。お正月のおせちのお煮しめにも“ねじり梅”のかざり包丁を入れて、見た目も味も栄養も欠かせない存在です。

そうそう、とようけ屋さんは今出川通りの天神さんの前で豆腐料理『とようけ茶屋』もやってはるんですが、いつもいっぱい並んではりますね。ヘルシーでお値段も手頃だし、若い方のほうが多いですよ。

とようけ屋山本 本店 HPはこちら

京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429-5
TEL(075)462-1315  FAX(075)462-1588

とようけ茶屋

京都市上京区今出川通御前西入紙屋川町822
TEL(075)462-3662
飲食/11:00~15:00
売店/10:00~18:30
木曜定休(25日営業/月1回不定休)

       ↑ってとこ、何でか分かります?そうです、月いちの天神さんの市の日です。今年は“しまい天神”も終わってしまいましたね。

こちらのHPではきょうとのあちこちのお豆腐屋さんの紹介もありますし、京の通り名のわらべ歌「姉さん六角・・・」と「寺御幸・・・」が聞けます。この歌は私らは体に染み付いてます、そやけど、縦の道の歌はあんまり歌わへんなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

都大路を走る!

師走に走る!今日は『全国高校駅伝』。先日の大雪からここのところ昨日まで寒かったのに、今日は少し陽も差して暖かくなりました。選手の方達にとっては体調を整えるのに大変だったでしょうね。ここ数日は西大路通りを各地のチームがランニングする姿をよく見ました。

京都の道路はところどころ交通規制となりますが、毎年多くの人たちが沿道に出て応援します。新聞社の小旗を手にしている人もいます。この日が近づくのもヘリコプターの音などで感じるのですが、師走の行事として定着し、もうこんな日なんやねと思います。

年明け1月15日は全国都道府県対抗女子駅伝も開催されます。2月には全国車椅子駅伝と底冷えの冬の京都の名物行事となりました。

そういえば、アテネオリンピック金メダリストの野口みずきさんも全国都道府県対抗女子駅伝に過去出場したり、オリンピック前も雨の日のランニング練習に長ーいアーケードのある“三条商店街”を走っていたり、京都の応援を受けて頑張ってくださっていたこともあるんです。京都のもんは何でか、走る人を応援したくなるんですねぇ。その野口さん、オリンピック行きが決まる前は、よくうちの会社の前をコンビニの袋をぶらさげて歩いてはったそうです。

85歳の義父は出掛けて行って見るんです。目が悪いので全然選手は見えてないんですが、「寒いのに若い人が頑張ってるのを応援せんとな。」と。私達ははついついTV観戦、おじいちゃんまた「TV映らはるかな」なんて言いながら。

義父の語録を作ったら結構おもしろいかもしれないなと思っています。京都のことや染色のことまだまだ教えてもらわないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

とうじ・・・

今日は一年のうちで一番、日中が短い日『冬至』です。ほんとに寒い日になりました。昨夜からの雪降しの強風が今朝からの大雪になり、午前中で町全体が真っ白になりました。1222yuki

午前11時、あっというまにこんなに積もりました。

「今日はこれを食べなあかん」というのが京都にはけっこうあるのですが、『冬至』にはかぼちゃ、“おかぼの炊いたん”を食べないといけません。

今年は『いとこ煮』にしてみました。Itokoni

小豆と一緒に炊きます。『いとこ-』の云われは・・・

小豆とかぼちゃの種類が近しいからという説を聞いていたんですが、種類って?と思ってました。最近スーパーなどでも行事の食べ物についての解説などが売り場に貼り出してあったりしてよく読むんです。

地方によってはかぼちゃと小豆以外のものも一緒に炊くところもあるそうです。硬いものから おいおい 炊いていくということから『いとこ煮』と言うそうな。勉強になりました。

小豆はよく炊くので半分を冷凍しておきます。でもまた1月15日の小豆粥の時にも炊かなくては。

そして、お風呂には『ゆず』を浮かべます。Yuzu

「とうじ」=冬至=湯治とかけているようなところがあるようです。暖まりますもんね“ゆず風呂”

皆さんも風邪など召されませんように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きらめく光!

京都のあちこちで今年はイルミネーションだらけみたいです。

Rohm_1 ここローム本社のイルミネーションは今年で11年目。それまで、地域の人たちに夏祭りを催してはったのですが、また違った形で楽しませてくださるようになって段々と場所も広がり、お洒落になり今年は以前“日通”があった方に公園もできて五条から下の春日通り(佐井通り)は両側の街路樹に灯りが点き、光のトンネルになっています。

Rohm_3

今年初お目見えのネットで覆われた白いイルミネーションのツリーは色が変わるんです。

Rohm_4_1 Rohm_5Rohm_6

ラジオを聴いていたら、「イルミネーションを上手に撮るにはまだ薄暗いうちに撮るのがいい」ということでやってみました、こんな感じ。これもいいかな。

Rohm_2

4時45分点灯。25日まで。ロームが駐車場を設置してますが、車は大変混みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもてなしの光!

終わってしまいましたね、今年から始まった“嵐山花灯路”

行けなかったのは残念でしたが、63万人が来場したという発表がありました。これに先立って、クリーンウォークに参加したんですが、花灯路の後も地域の方々をはじめいろんな方が清掃やあとかたづけをされています。また来年楽しみに。

そういえば、渡月橋など今まで灯りがなくて真っ暗だったけれど、設置された灯りはこれからも外さないでおかれるということも聞きました。たくさんの方に来ていただいて楽しんでいただけるよう工夫することは京都人の誇りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

弘法さん

Touji_gojunotou ここは、『東寺』、正しくは『教王護国寺』世界遺産です。九条通から有名な「五重の塔」が見えます。総高約55mは現存する木造の塔としては日本一で国宝、京都の歴史あるシンボルです。

東寺のことを『弘法さん』と親しみを込めて呼びますが、弘法大師の命日である毎月21日に『弘法さんの市』が開かれています。今日は『終い弘法』。七条通を歩いていると、「もう、終い弘法でんなぁ」「弘法さんもお終いやし、気忙しおすなぁ」と挨拶が聞こえます。

Simaikoubou

お正月用の鉢物の花、盆栽、葉牡丹なども並びます。「終い弘法」と「終い天神」(25日)の声が聞かれると一層、年の瀬を感じる京都の町です。

Touji_miedou_1

『御影堂』(みえどう)です。ここは弘法大師がお住まいになっていたところですが、四国八十八ヶ所を巡られるお遍路さんは四国に入られる前にここへお参りになるということです。そういえば、ウォーキングシューズの方が他のところをお参りになる方よりも多いような気もしますね。

『御影堂』=みえどうと読みます。本願寺さんは『御影堂』=ごえいどうです。お間違えのないように。

東寺さんの北側に、洛南中学・高校があります。弘法大師が開かれた日本最初の私立学校「綜藝種智院」(しゅげいしゅちいん)が前身であるこちらの学校、高校が2006年4月から男女共学になるんですが、私の知っているところの男子校の時代には、頭髪は皆“丸坊主”だったんですよね。出身者にはオリンピック体操選手やスポーツ選手も多くて昔、体育祭を見に行った時、マスゲームではそこここでバク転が繰り広げられ、鉄棒の“大車輪”や“ムーンサルト”を華麗に披露しているのに驚きました。タレントの森脇健児さんは洛南出身とは有名ですが、俳優の佐々木蔵之介さんもかぁと知ってビックリ。蔵之介さんも丸坊主だったの?

Dorayaki_1

七条通にある、笹屋伊織さんで20,21,22日だけ販売されるのは『弘法さんのどら焼き』お店の前にどら焼きのかたちのノボリ(?)がでます。どら焼きというとどらえもんが好きなアノかたちを思い浮かべますよね。ところがここのだけは違います。
弘法大師に由来する『弘法さんのどら焼き』はこの3日だけしか買えませんので、実は私も子供の頃に食べた思い出だけなんです。

どら焼きもそういえばアノかたちは、「三笠」(みかさ)と言うてますので、京都では「どら焼き」はこっちのお菓子を思う方も、多いかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月16日 (金)

はりはり?

たいたん=炊いたもの なんですが、寒うなると特にいろんなもの炊きます。菜っ葉類も土の養分を吸ってよく肥えておいしいものが出回りますので煮びたしのようなものをよく作ります。それも“たいたん”と呼びます。

Mizuna_1

水菜は最近数年前くらいから、サラダにも使われて生で食べることもありますが、「水菜、炊かはるやろ。」とやっぱし、生で食べるのには抵抗のある人が多いようです。

Mizuna_taitan こんな風におあげさんといっしょに炊くことが多いですが鍋物やお漬物にも使います。よく、壬生菜と間違われますが、水菜は葉のまわりの切れ込みが多くギザギザしていて炎のようなかたちにみえます。壬生菜は葉のまわりに切れ込みはありません。お漬物になることのほうが多いです。

小さい頃、よく母が作ってくれたのが『はりはり』です。鯨の肉と水菜の『はりはり鍋』というのがありますが、鍋でないので『はりはり』かな。鯨の肉はよく食べました。(給食にもあったんです)『はりはり』の鯨は“ころ”と言ってましたが、脂身のところの脂を搾った後の身だそうで、黒い皮のような部分が少しある、白くてスポンジみたいでした。あんまり好きではなかったな。でも今は食べられないし懐かしいです。何で『はりはり』っていうんやろ?水菜のギザギザがハリハリって感じがするからかな?食べると歯ごたえのあるシャキシャキした感じがバリバリ=ハリハリするからかな?なんてよく聞いたりしましたが、誰も分かりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

おむすびカフェ

12月9日の記事でもちょっとご紹介しました。京都御所の近くのおむすびカフェAundさん。先日はテイクアウトして御所のベンチでいただきましたが、お店でも食べられます。店内の雰囲気は落ち着いたカフェ風です。

雑誌もいろいろ置いてあり、「KIMONO」や「POOKA」「SPOON」などおしゃれなものもあります。絵本も数点、その中になんと読み終えて図書館に返却したばかりの『星の王子様~オリジナル版~』サン=テグジュペリ作 ・内藤 濯 訳 /岩波書店 もありました。(ここで読めばよかったかな) それに、『難関有名中学高校・受験録』なるものが・・・。

ここは、京都の有名老舗受験塾が経営してはるんです。

Aund

Aund
〒604-0857
 京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町265-2
 SCGビル1F
・TEL:075-256-8866・FAX:075-256-8882
地下鉄烏丸線・東西線「御池駅」2番出口 北へ徒歩3分
 ・地下鉄烏丸線「丸太町駅」6番出口 南へ徒歩2分

・京都市バス51・65系統「烏丸二条」目の前
・京都バス45系統 「烏丸二条」目の前

Aundmap

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

たいたん

実家の母とお嫁さんの会話

「お母さん、今夜のおかずは何ですか。」

「そこにたいたん、あるやろ

お嫁さんは京都の人ではないのでしばらく考えてはりましたが、たぶんこれやろとお鍋の中をのぞいてほっとしながら用意しはったそうです。

母はほんとによくたいたん、たいたんというもので、その後「はじめは、たいたんってお鍋(そのもの)のことだと思ってましたけど、なんか変だなと思って・・・」とお嫁さんとても悩んではったそうで、よく笑い話になります。

炊いたもの→炊いたもん→炊いたん  ですね。煮物のことです。

大根の煮物=大根(おだい)の炊いたん、かぼちゃの煮物=おかぼの炊いたん、煮豆=お豆さんの炊いたん という具合に言います。

Daikon_no_taitan

寒くなってくると特に、おだいの炊いたんがおいしいです。かしわそぼろと炊きました。

Kyo_kotobataitan

←イントネーションはこのように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

一條の光 !

なんだ、あの光は・・・

Hikari

初めて見た時はちょっと、ビックリしました。またパチンコ屋さんかな?とも

家から見てると、天に向かってなにかが上っていくのかなというように見えます。かぐや姫が天に帰っていく・・・というようです。

夜間特別拝観が行われている清水寺ですが、ライトアップのレーザー光がうちから見るとこんな感じなんです。ちょっとわかりにくいですね。

五条通りに出た時に撮りました。この地点は西大路近くになります。

Hikari1

残念ながら清水さんにはなかなか行けなくて、このビームを近くで見たことがありませんが、京都をとても愛してくださっている龍の目さんのブログで初めて見ました!ブログ名も『龍の目』さんです! 京都SP(2005年11月篇)「11月14日①京都音羽山の清水寺篇 」 ←こちらから見にいけます。

へ~こんな感じなのか~。今年は今日でおしまいなんやて、近くに住んでいても行けへんもんやね。いつか清水さんへ行って見てみたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

都会のオアシスです。

お気に入りの場所をご紹介します。自動車の運転ができない私は、たいてい自転車で移動します。京都を北へ東へ西南と縦横無尽(?)に走り回っているので、ちょっとした休憩場所がちょこちょこあるんです。

中でも、京都御苑(御所)はとってもお気に入りの場所です。小さい頃からいろんな思い出も多い場所ですが、いつもここで“羽休め”というように立ち寄ります。

今日は近くのおむすびショップAundでおむすび2コ買ってベンチで休憩。ふたばの豆餅進々堂のパン…近くでいろんなもの調達して。

05gosyo3 建礼門前の大通りです。どんつき(つきあたり)に門が見えます。御所の中では一番大きい通りです。葵祭の行列はこの大通りから、少し左に振ったところにある堺町御門を出ていきます。北側に向いて、むこうに見えている山に少し雪が残っています。

05gosyo4 九条池の北あたりに立ってます。東を見ると大文字さん(東山如意ヶ嶽)が見えます。


Gosyo_gujohasi 後ろを向いてパチリ!

九条池の橋です。



Gosyo_syusuitei 橋の上から拾翠亭(しゅうすいてい)を。


休憩したら、また自転車で走ります。05gosyo5

御所は砂利道なんですが、細い筋が見えます。これが通称「じてんしゃみち」自転車の“わだち”でできた道なんです。ここを通っていけば砂利道もハンドルをとられにくくてすみます。東西の道にはあるんですが、南北にはないかも?大きな通りにはないし、端っこを通らなければなりません。


Gosyo_koyo_1 紅葉は盛んな頃を過ぎてましたがそれもいいですね。ふと、この色合いが目に入りました。好きなんですこの色。着ている服もこんな色が多いです。ヘタすると芋虫になってしまって(~_~;)

今は落ち葉の数がすごいです。この日も職員の方々が清掃してくださってました。でっかいブロアで落ち葉を吹き集め、熊手でシートにかき集め、集めても集めても落ちてくるのにとても大変。自然相手のお仕事には危険もともなうでしょうけれど、美しい景観と癒される環境作りのためにこのような作業をしてくださっている方々に本当に感謝します。「おもてなしの精神」はここでも感じられます。ここは珍しい鳥もやってきます。キノコの種類も多いです。いろんな動植物の集まってくる都会のオアシス。作られた施設や自然ではなくて、整えられた自然を感じて本当に癒される、市民の憩いの場所・生活の場所でもあります。

05gosyo1_1 紅葉を撮ろうと思ったら・・・ひなたぼっこをしているネコちゃんのじゃまをしてしまいました。写真の左下んとこに写ってます、ネコちゃん。 05gosyo2_1 「ネムイノニ ニャー」と薄目を開けて見てました。のんびりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »